ハイゼット不調と異音の原因は…点火プラグとタペット?

このエントリーをはてなブックマークに追加






前回、マフラーとO2センサー交換で、無事車検を通過した ダイハツハイゼットでしたが、今日は
「加速が鈍くて、カタカタ音がする~」
と、やって来ましたw

それも大事だけど、早く塗装したら?(笑)




何はともあれ、見てみましょう♪
荷台の箱は降ろしてきた(ソコは偉い!w)ので、すぐに、エンジンルームが覗けます。




上からだけだと、少々きついので、横のカバーも外してもらいますw

まずは プラグを見てみます…え?!




3本中、2本は 恐ろしい状態…
溶けた?
いずれも、これで良く走ってたのが不思議なくらい…(笑)
まぁ、交換しましょう。
これくらいは いくら田舎でも、売ってますよね?!




せっかくだから、ヘッドカバーを外して、タペットの具合を診てみましょう♪

あ!直打式だったwww
事前に調べておけよって話ですがw、勝手にロッカーアーム式と思い込んでた(笑)




どのみち、パーツも無いし、この状態だと、やり難らそう…
何せ、素人ですから~w

つーか、リフター側だけで済めばイイけど、最悪、バルブ側に問題あったら…




参考までに(参考にならないけどw)、プラグ穴から、ファイバースコープで、ピストンを覗き込んでみると…カーボンが…

バルブにも、噛み込んでるかもね?!




それが原因で、バルブが完全に閉じない→タペット音の原因?!
なんて考えたくないけど…

とりあえず、昼食ついでに、プラグを買ってきて交換したら、
「加速良くなった~」
と言っていたので、今後どうするかは 帰ってから、検討してくるそうですw

«

«  

*本文に関する、お問い合わせは コメント欄もしくはメールフォームよりお願いいたします

このエントリーをはてなブックマークに追加    人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です