ドラッグスター400のハンドルを交換してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加


ドラスタが、来た時から、何となく、気になっていた給油口横のキズというか、ヘコミなんですが、コレって…








ハンドルを右にフルロックさせると、アクセルワイヤー(戻り側)を守っているパイプ(正式名称が、わからない…)が、タンクに当たってしまうんですねwww








スイッチ側は 給油口に、モロに、当たっていますwww
指を挟んだら、さぞかし、痛いでしょうね~(笑)








前オーナーが、惚れ込んで、取り付けたであろう、フラット型のハンドルバーは スタイル的に、カッコイイので、ハンドルポストを少し高くしようかとも、思いましたが、正直、50代が運転するには 少々、腰が辛くて…www








ハンドル幅も、グリップを含んでも、67センチ程度しかないので、引き回し時や、低速でハンドルを切ると、急に、ガクっと、重たくなるのも、辛かったので…








ちょっとだけ、高さがあって、ちょっとだけ、幅が大きく、格安な中古品(これ重要!)をヤフオクで発見→購入








ミラー、レバー、スイッチ類、アクセルワイヤーなど、全て取り外して♪








交換したものの、キルスイッチの取り付け穴は 合わなかったので、ドリルで開けて♪








あら、フロントブレーキのランプスイッチのコネクターが、切れちゃいましたwww
とりあえず、平キボシで、繋いで♪








ついでに、クラッチワイヤーの調整もして、早速、試乗しましたが、姿勢も楽だし、ハンドル動作もスムーズになり、以前より、かなり乗りやすくなりました♪

この歳になると、見た目より、実用重視が大切です(笑)





このエントリーをはてなブックマークに追加    人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です