シルクスクリーンの版を昇華転写で作ってみたら、意外に良かった件

このエントリーをはてなブックマークに追加


前回、「ダンボールにプリント…スタンプ、シルクスクリーン、昇華転写を比較してみた」で、比較の為にシルクスクリーンの版を作ろうと、OHPシートを用意しようと思ったら、まさかの在庫切れww








近くの量販店に買いに行ってもイイんだけど、今日は雪が降ってるし…寒いし…




で、残っていたのは レーザー用のOHPシートだけ…
ウチのレーザープリンターは調子が悪くて、カスレが出ちゃうんですよねぇ~ww

と、その時、ふと、思い出したんですよ!
「昇華転写はラミネートシートに転写できる」ってことを♪




ポリエステルにしか転写できない昇華インクが、なぜ、ラミネートシートにできるのか?って、その時、調べてみたら、ポリエステルもラミネートシートも、素材は「PET(ポリエチレンテレフタラート)」で、要は同じなんですね!(知らなかったの、俺だけ?!)

そういえば、昔、ユニクロが「フリース」を流行らせたとき、「ペットボトルのリサイクルで作られる…」とか言ってたような…
そういうことなのね?www

で、OHPシートと、 ラミネートシート って、似てますよね?
なので、一応調べてみたら、「レーザー用のOHPシートは 熱に強い ポリエチレンテレフタラート 」と判明♪




ならば、やってみるしかないっしょ!w

昇華インクで、転写紙にプリントして♪




万一、溶けだしても大丈夫なように、クッキングシートを敷いて、OHPシートの上に、転写紙を置いて、熱プレス

190度、90秒で試します。







お! いい感じで、転写されています。
転写紙に残ったインクの量からして、ベストな温度と時間だったようです♪
インクジェット用のOHPシート より、むしろイイ感じです(下部で、実際に比較しました)




昇華インクは(顔料も染料も同じですが…)遮光性が少ないので、スクリーンに露光するときは、いつものように、2枚重ねれば、問題ないでしょう♪




端材の、Tシャツくんのシートがあったのでw、露光→洗浄してみましたが、使えそうです♪

サイズが結構、ギリギリなので、刷り難そうですが、比較テストにしか使わないので、これでイイのだ♪




実際に刷った結果は 前回の 「ダンボールにプリント…スタンプ、シルクスクリーン、昇華転写を比較してみた」 にありますが、せっかくなので OHPシートの印刷をインクジェットと、昇華転写で比べてみます。




というわけで、後日、天気のイイ日に、隣町の量販店で、インクジェット用のOHPシートを買ってきましたww




上が インクジェット用のOHPシート

下が、レーザー用OHPシートに昇華転写したもの

写真では わかりずらいかも?なので、拡大してみます↓




インクジェット用 はベタ部分が細かいヒビのようになっているのに対し、昇華転写では均一にプリントされています♪




インクジェット用




昇華転写




そもそも、 インクジェット用 のOHPシートって、印字面が、ザラザラしてますよね?
これって多分、インクをザラザラ(凹凸)部分に乗せることで、プリントしているんですよね?!

なので、うっかり印字面を触って、インクが落ちたり(触るなよ!ってww)
マジックペンで修正しようとしたら、逆にインクが溶けたり…(裏面に描けよ!ってww)

と、取り扱いには、注意が必要ですが、
昇華転写で作ったOHPシートは そのような心配もない!(多分…)
シートを重ねるときや、露光するときに使うスプレー糊を噴霧するときも、安心です♪(多分…)

もっとも、手間はかかりますが、シルクスクリーンプリントは 版の出来具合が最も重要ですので、 OHPシートを昇華転写でプリントするのも、アリかな? と思ったところで、ビールタイムに入ります(笑)

«

«  

*本文に関する、お問い合わせは コメント欄もしくはメールフォームよりお願いいたします

このエントリーをはてなブックマークに追加    人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です