安物のギターを少しだけ高く見せる作戦…ストラップに刺繍編w

このエントリーをはてなブックマークに追加






北海道では 連日各地で、大雪に見舞われておりますが、ここ三笠市は 正月明けより、降雪が少なく、ホっとしている反面、必ず来るであろう、ドカ雪に怯えている状態ですw




そんな中、みかさベースの、音楽スペース(…という程のモノではありません…なので、非公開スペースですw…)は 安物の楽器しかありませんが、これらを 少しでも高価に見せる作戦を決行すべく…




まずは この超安物のギターストラップから開始!

ネットで、安くて、かっこいいギターストラップをポチっとすれば済む話ですがw…、それではネタにならないので(?!)、久しぶりに刺繍遊びをしてみることにします。




ご承知のとおり、ギターストラップの生地は固く、厚いので、ウチの刺繍ミシン(ブラザーイノヴィスNX2700D)では、少し工夫が必要かも知れませんが、まぁ~、大丈夫でしょう…多分…www




幅を測ってみると、約5cmだったので、刺繍する文字の高さは 3cm位が理想かな?




ということで、デザインセンスはともかく(?)、刺繍Proで、データーを作ります♪




文字の高さを約3cmにすると、バランス的に、横幅は26cm弱になったので、大きい刺繍枠なら、1回で収まりますが、ストラップをそのまま挟むのは無理があるので…




いつものように、工作用紙を刺繍枠に貼り付けて、刺繍する部分より、一回り大きく切り抜きます。

ちなみに、工作用紙って、方眼があるし、硬さも丁度イイので、何かと便利なのよねぇ~




で、下は両面テープ、上からはマスキングテープで、固定します♪
手で、ポンポンして、バタ付かなければ、多分大丈夫でしょう…




*メーカー推奨の方法ではありませんので、オススメはしませんが…




生地が厚いので、刺繍のスピードは かなり遅くした方が、無難ですね?

加減が判らないので、通常の半分…というか、一番遅い設定にしてみます。




位置をしっかり調整、確認して、刺繍スタート!!
糸は 先月購入した、ポリエステルミシン刺しゅう糸セット500M(550Y)50番を使います。
ブラザー純正じゃないけど、安くて、イイ感じの糸ですよ(個人の感想ですw)




30分程掛かってしまいましたがw、問題なく、刺繍できました♪




ストラップ裏面は モロに、下糸が出ちゃっていますので、見た目の問題(誰も見ないけどw)と、スレによるホツレ(そんなに使わないけどw)防止のため、当て布を縫い付けるのが理想ですが、今回は割愛♪








before








after




実際に掛けてみると…、姿鏡がなかったので、トルソー君に、持ってもらいました(笑)

まぁ~高価には見えないけど、個性は出せたかな?っと、自己満足の世界では これを見ながら、ビール3本はイケます(笑)

«

 

*本文に関する、お問い合わせは コメント欄もしくはメールフォームよりお願いいたします

このエントリーをはてなブックマークに追加    人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です