OHV汎用エンジンが「スカスカ」で始動しないのは バルブの固着だった件

このエントリーをはてなブックマークに追加






先日、知人が 薪割機(?)に使っている「OHV汎用エンジン」が掛からないので、
「外して持ってきたw バラして遊ぼう!」と…

そう、みかさベースは修理屋さんではないので、あくまで、「遊び」前提です(笑)

試しにスターターロープを引いてみても、「スカスカ」ww
クランキングはしているようなので、リコイルスターター自体の故障ではないとして、




圧が掛かっていない感じなので、とりあえず、排気側から覗いてみるw

焼けカスとカーボンがギッシリ!!
開腹手術開始です(笑)




ヘッドカバー(と言っていいかな?!)を開けて、ゆっくりクランキングさせてみると、ロッカーアームは正常に動いている(と思う)ものの、片方のバルブは開いたまま…閉じませんww




ヘッドを外して見ると、カーボンと錆び(?)で、バルブが固着してますね?!




リテーナーをはずしても、バルブはビクともしません。抜けないwww




さすがに、叩いて抜く訳には いかないので、キャブクリーナーを浸しながら、徐々に溶かしていく作戦w

やっと抜けました♪
地味ぃ~に、掃除してやりますw




ヘッド側は ウチにあった(バイク用だけどw)デイトナの強力カーボン汚れ落とし 泡タイプを使ってみました♪




バルブのあたり面の処理も、したかったのですが、バルブコンパウンドも、タコ棒も行方不明(?)だったのでw、一旦、組み上げて…




始動テストしてみました。
問題なく回っていますが、やはり気になるので、近日、バルブの摺り合わせを実施予定です♪

«

«  

*本文に関する、お問い合わせは コメント欄もしくはメールフォームよりお願いいたします

このエントリーをはてなブックマークに追加    人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です