カセットデッキ Technics RS-617Uを修理してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加





アナログ家電が好きなんですよぉ~ww
なので、ジャンク品コレクションの中から、今日はこれ。
Technics RS-617U 1977年式(昭和52年)のカセットデッキです。
クロームテープ対応(メタルは非対応)、ドルビーB搭載ですが、当時の定価は 55800円
現在の中古相場は1000円~4000円程度で、決して名機と言える程のモノではないかもしれませんが、テープの入れ方が、縦でもなく、横でもなく、「斜めに、はめ込む」という個性的(?)なトコが好きなんです(笑)



で、症状は
「電源は 入るが、テープが回らない。」
「モーターは回っている模様」
となれば、多分ベルトでしょう…ということで




中を開けてみます。
まずは 上蓋を外して…




テープを入れたり、ボタンを押したり…ガチャ!ガチャ!という、アナログ感が、たまらない~!!!




何せ、テープは斜めにセットされるから、当然モーターも裏面な訳で…




たどり着きました。
ベルトが、伸びているというより、固くなってました。
モーターだけが、シュルシュル~と回っています。




以前、アマゾンで買った色々なゴムベルトの中から、同じようなベルトを選んで、交換します。




テープカウンターには こんな感じで、ベルトが、掛かっていました。

ついでに内部清掃と、グリスアップして終了します。




さて、今夜はコイツで、YMOでも聴きながら、晩酌します(笑)

レコードもいいけど、テープの音も、何か柔らかくって、いいよね!

«

«  

*本文に関する、お問い合わせは コメント欄もしくはメールフォームよりお願いいたします

このエントリーをはてなブックマークに追加    人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です