ジムニーJB23の四駆が入らなくて、デフオイルとグリスが漏れてる件

このエントリーをはてなブックマークに追加






中村英二.comが、冬期間のチョロ走り用にしている、ジムニーは、JA22から、JB23に変わったのですが、四駆に入らないとのことw
北海道の冬は 四駆に入らないと、さすがにキツイですよね~




ジムニーJB23 は ロッキングハブが、エアーで操作されているようですので、ホースの詰まりか、ホースの破損?

まずは 外してみましょう♪




グリスとオイルで、ドロドロです。
多分、デフシールが劣化して、オイルが流れて詰まらせたのかな?

そもそも、ホイールロックに機能って、エアーの必要ある?
今後のことも考慮して…




手動式のロッキングハブに取り換えちゃいましょうw
FREE→LOCKで、外周のギアが 押し出されるだけだもんね♪




このまま、ポン付けできるかと思ったのですが、ハブベアリングナットの突起部を若干、削らないとダメらしい。




ハブベアリングナット の前にある、Cサークリップをスナップリングプライヤーで外し、縦長のプレートを外して♪




ハブベアリングナット は固く閉まっているので、専用ソケット長めのスピンナーハンドルで、グイっ!




ちなみに、ジムニー用のハブベアリングナットソケットは こんな形状です♪




ナット が外れました♪
このナットの縁の部分が邪魔なのですね?!




旋盤で、シャーと削ぎ落しましたw




ちょっと、残っているけど、まぁ、大丈夫でしょうwww




きっちり、取り付けられました♪
とりあえず、シール類が届くまで、数日は大丈夫です。
多分…w




ということで、部材が届いたので、続きをやります♪
今日は 外気温度が、-7℃なので、作業場も寒い(( ;゚Д゚))ブルブル
ジェットヒーターを出してくるのは面倒だったのでw、さっさと、やっちゃいます!




前回と同様に、ハブベアリングナットまで外して、ジャッキアップ&ジャッキスタンドで固定してから♪




裏側から2本のボルトを抜いて、ブレーキキャリパーを外し、ホースを傷めないよう、ヒモで宙づりにww




今回、ハブベアリングは交換しない(注文忘れたw)ので、ディスクローターごと、外します♪




バックプレートと共締めになっている4本のボルトを外して、ABSセンサーの線に無理がかからないような角度で、ナックル部から外します♪




この時点で、デフオイルが、シールから漏れているのが分かりましたが、シャフトを抜くと…




さらに、ドボドボと、乳化された(?)オイルが出てきましたw

ココのシールだけなら、この状態でも出来そうですが…




キングピンと、キングピンベアリングも交換予定なので、さらにバラします。




下側のキングピンも外すと、ハウジング部分が外れ、ベアリングを…




あ、ナックルシールのプレートを外していなかった(汗)




キングピンベアリング と、オイルシールを外して♪




シールドライバーの中から…




シールと、ほぼ同径のサイズをセットして♪




均等に打ち込んでいくだけですw




キングピン は 見た目でも判るくらい、ヘタってますね?!ww




キングピンベアリング とアウターレースも交換です。




最後にナックルシールも交換ですが、今、ネットで調べてみると、お得な交換セットのような感じで、売られていますねw




各所にグリスをたっぷり塗り込み、ガスケットのない接合部分は 液状ガスケットを使って、外した逆の順に組み上げて終了です♪

«

«  

*本文に関する、お問い合わせは コメント欄もしくはメールフォームよりお願いいたします

このエントリーをはてなブックマークに追加    人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です