合皮・フェイクレザーで、切り文字ワッペンを作って、張り方を考えてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加


この前、「黒地に黒の刺繍文字、そして、黒の切り文字」という、超カッコイイ!ライダーズジャケットを見かけまして…www
今まで、合皮(フェイクレザー)の切り文字って、市販品でも安く売っているし、何となく好みじゃなかったので、つい、刺繍や、ラバープリントにしちゃっていたのですが、考えてみると、市販品の切り文字って、大きさや、フォントなど、自分好みにできないし、ちょうど「ボール紙でペン立て作って、合皮で化粧して、染めQで、ロゴマーク入れる工作の時間w」で使った生地が、まだ少し余っていたので、後学のためにも、実験してみます!




とりあえず、文字の高さは5~6センチ位を想定して、少し大きめに合皮を切り出します。




簡単に貼れるよう、両面接着芯を使ってみます。

文字を切り出してからだと、面倒なので、先に、生地の裏面に貼っておきましょう♪




切り出した生地の裏面に、ほぼ同じ大きさにカットした両面接着芯に、クッキングシートをのせて、アイロンを軽~く♪

クッキングシート は「シール台紙」の役目も兼ねて、貼り付けたままにしときます。

裏面からとはいえ、合皮(フェイクレザー)は熱に弱いので、かけすぎると、シワになったり、ビロ~んと伸びたりしちゃうので、要注意ですねw




合皮(フェイクレザー) に 両面接着芯 を貼ったら、冷ます間に、カットデーターを作ります。

といっても、レーザー加工機の操作画面に、直接文字を入れるだけですが…

文字は みかさベースの「MIKASA」で、やってみます♪




カットしましたw
レーザー出力80%
切断速度は20で、OKでした♪




切り出された文字www

小分けにして、1文字200円で売り出そうかな(笑)




それでは 布地に貼ってみます♪

まず、シール台紙代わりの、クッキングシートを剥がします。

この状態では 全くベトつきませんが、熱を加えると、糊状になって、生地に張り着く…はずですw




布地の上に並べてみます。
何となく、雰囲気がわかりましたが、文字の上から、アイロンをかけることはできないので…




切り文字の裏面に、布用接着剤をほんの少しだけ、チョンチョン(点付け)して布地に仮止めしてからの~




裏返して、アイロンかけ~♪

薄い布地の場合、あて布か、紙などを挟んで、アイロンした方がいいかもしれませんが、今回は割愛♪

このときも、アイロンの温度と、時間には要注意ですね。




貼り付きました♪

ん~~?
確かに、黒地に黒文字って、今まで、あまり見たことなかった(俺だけ?)ので、新鮮といえば、新鮮なんだが…




アップで見ると、こんな感じ…

しっかりと、張り付いていますが、何か、「貼り付けた感」がモロで…(当たり前ですがww)

ならば、あえて、 「貼り付けた感」 を強調すべく、ステッチで縁取りしてみる作戦を決行してみます♪




とは言うものの、ミシンで、縁取りを均等に縫うのは至難の技で…

少しでも曲がったり、渕幅がズレたりすると、それはそれは、見っともないもので…

熟練された職人さんって、スゴイよね~!!




なので、イラストレーターで、文字の内側(オフセット-1.6mmで設定)に、約3mm間隔の点を描きました。

自動で、角を優先に、各角と角の間は均等に点をつけることができるので、レザークラフトをするときも便利なので、結構助かっていますwww




イラストレーターで作ったデーターを「DXF」に変換して、レーザー加工機でカットします。

カット直後のアップはこんな感じです♪




で、この穴を縫っていくのに、レザークラフトのように、手縫いでもイイのですが、手廻しミシン(ウチのは取っ手を付けただけですが…ww)なら、1穴ずつ縫えるので、楽チンです♪

穴に、スムーズに入りやすいように(ズレて刺さらないように)針の先は少し丸めてあります(ミシンの正しい使い方ではないと思いますが…)




1穴ずつ、確実に縫っていきます♪
これで、均等に縫える!はず…

ちなみに、針は DB×1 #14で、テフロン押さえを使いました。

まずは 30番の黒糸(シャッペスパン)で、試してみます♪




縫えました!
「角」と「幅」が均等になっていますよね?!(当たり前ですが…ww)

イイ感じです(自画自賛w)
今度は糸の色を変えて縫ってみます♪




青の30番糸で縫ってみました♪

ん~青が浮いちゃってるかな?




ビニモの30番
写真では判りづらいですが、合皮のツヤとマッチして、イイ感じですが、言い方変えると、既製品でみたことあるような色合いです。




同色ですが、こちらは「シャッペスパン(30番)

個人的には こっちのほうが、個性があってイイかな?




挑戦的(?)に赤色で縫ってみました。

手元には 絹ミシン糸の50番しかなかったので、他に比べると、ちょっと貧弱っぽい…

でも、やっぱり、黒と赤って、相性イイよねぇ~
(糸調子がそのままだったので、下糸が見えちゃったのは 内緒ですww)




最後は 20番のジーンズステッチ

ここまでくると、「切文字」とか「アップリケ」とかじゃなくて、「レザークラフト」って、感じが強くなりますね~ww
(もはや、意味不明なこと言ってますが、わかる人だけ、共感してくれたら、嬉しいですwww)




全文字比較です♪

今回は 開襟シャツを作るときなどに使っている布生地に貼りましたが、厚手のデニム生地などに張り付けると、より一層、イイ感じになりそうな予感…ww

今度は 実際に、シャツや、バックに貼り付けてみたいと思います♪

 

*本文に関する、お問い合わせは コメント欄もしくはメールフォームよりお願いいたします

このエントリーをはてなブックマークに追加    人気ブログランキングへ    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です