FFストーブの配管工事をしてみた

ウチは古い家なのですが、豪雪地帯なこともあり、全部屋セントラルヒーテングなのですが、「客間兼、妄想趣味部屋」だけは 続き間の和室にしか、ヒーター(ラジエター)がないので、冬は超寒い…
ま、寒いだけなら、部屋を使用するときだけ、ポータブルでも使えばいいんですけど、スノーダクト(無落雪構造)なので、
屋根の雪が解けていかない→雪の重さで、ドアや、窓が開かなくなる(どんだけ、ボロ家だ!)→でも雪下ろしは面倒
ということと、偶然、仕事柄(あ、古物関係も少しやってますので)、古いですが、FFストーブとタンクが手に入りましたので、この部屋だけ、ストーブを取り付けることにしました。
PC150758_800.jpg
穴を開ける位置を定めて、
PC150761_800.jpg
ウイ~ン♪
PC150764_800.jpg
壁が薄いから、サクっと開きました! 寒冷地なのに…大丈夫か?(笑)
PC150768_800.jpg
吸配管と、灯油ホース等を取り付け、いざ着火!
20181219_170623_800.jpg
つ、点かない~!!!
何度か、コンセントを抜き差ししたり、時間をおいて試しても…
点かな~い!!!!!
壊れてんのか~い!!!!
…と、いうわけで、次回、修理編に続く

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です